HHKB Professional2 Type-S キーマップ変更 CommandとOption入れ替え

HHKBのキータッチ快適でこの上なくいいかんじなんだけど、Apple純正キーボードとのキー配列の違いにどうにも慣れなくてミスタイプが多いからキーマップ変更する。

HHKBスペースの左側にキーが1つ多い

純正キーのOptionキーの場所にCapsLockキーがあるから打ち間違えで頻繁にCapsLockになる。ぜんぜん慣れない。CapsLockキーがそんないい場所にある必要がない。

Fn+TabでCapsLockになるからむしろ単独CapsLockキーいらない。

 

DIPスイッチでは変更できない

DIPスイッチで設定変更できるのかと思ってドライバインストール、反映しないからアンインストール、再インストール、再起動とか2往復やってから気づいたのはType-Sはこのドライバ対象外。

PFU 背面スイッチの説明

Happy Hacking Keyboard | 背面スイッチの説明 | PFU
株式会社PFUがお届けする最上級キーボード、Happy...

Mac用ドライバ (HHKB Professionalシリーズ専用)

Happy Hacking Keyboard | Macintosh用ドライバダウンロード | PFU
株式会社PFUがお届けする最上級キーボード、Happy...

HHKB Professional2 Type-Sのキーマップ変更はこれら2つのリンクは関係ない。

 

システム環境設定→キーボード→キーボード→修飾キーから変更できるって説明もあるけど、かなり限られたキーのみしか変更できない。

キーマップ変更手順

Happy Hacking Keyboard キーマップ変更ツール

Happy Hacking Keyboard | ダウンロード | PFU
株式会社PFUがお届けする高性能コンパクトキーボード、HHKB・Happy Hacking Keyboard のダウンロードページです。

キーマップ変更ツールで変更する。ついでにファームウェアのアップデートもする。

キーマップ変更ツールはHHKBをBluetooth接続状態だと動作しないから、USB Type-CケーブルつないでFn + Control + 0でType-C接続に切り替えてからキーマップ変更ツール起動。

先にファームウェア更新、5分くらいかかる。

変更ツールは上下に並んでるキーボードのうち上が現在のキーボード、下がキーマップ変更したいキーを選択するためのキーボード。

変更したいキーを上のキーボードから選んで、下のキーボードから割り当てたいキーを選択する。

 

スペースの左にキーが1つ多くて打ち間違えるから、変則的にスペースの左2つのキーどっちもよく使うCommandに割り当て、CapsLockをoption、ついでに使ってない右のFnをよく使うTabに割り当て、あまり使わないCapsLockはとりあえず余ったキーの右Altに割り当て。

Optionキーの打ち間違え改善のためにキーマップ変更してみたけど、他にも自由にキーマップできることがわかったからより効率的なキー配置を今後も探っていく。

コメント

タイトルとURLをコピーしました